商品カテゴリー

ショッピングカート

商品数:0点

合計:0 円

カゴの中を見る

ログイン

お買い物の前に

ホーム > 本田紘輝について

本田紘輝について

本田紘輝(ほんだ こうき)

8歳から4年間、脳腫瘍と闘い、12年の短い生涯を終えた本田紘輝。圧倒的な迫力で観る人の心を揺さぶる作品は、県内外の絵画展、CGアート展などで数々の賞に輝きました。生きている証を刻み込むようにひと筆ひと筆力強く描かれた作品、また、家族や友だちを想う子供らしいわんぱくな視点で表現された作品や手紙など、辛い抗がん剤治療の中『負ケテタマルカ!!』の一心で数々の絵画作品を残しました。

略年表

1995年8月21日鹿児島市に誕生
2002年小学校入学
2004年5月

院内学級に転入

鹿児島市立病院に脳腫瘍のため入院、手術

抗がん剤治療 10クール 放射線治療3ヶ月

2005年12月

末梢血管幹細胞移植

退院

2006年11月

再発 入院

抗がん剤治療

2007年鹿児島市立病院退院 自宅療養
2007年8月鹿児島市 三宅美術館にて作品展「命展」を開催
2007年12月28日永眠
2008年鹿児島、福岡、熊本、神戸、青森にて作品展を開催
2009年5月鹿児島市立美術館 本田紘輝作品展「負ケテタマルカ!!~画用紙に描いた命の記録~」
2009年10月鹿児島市 三宅美術館にてプチ作品展
2009年12月薩摩川内市 国際交流センターにてプチ作品展
2010年2月本田紘輝「負ケテタマルカ!!」札幌巡回展
2010年7月薩摩川内市 川内まごころ文学館「負ケテタマルカ!!」本田紘輝作品展
2010年8月田中一村記念美術館「ここから」本田紘輝展
2010年9月沖縄市役所市民ギャラリー『本田紘輝「いのち」展ー画用紙に描いた命の記録』

主な作品

大切な人『ママ』
ポスカ
2005年

大きな台風の日、長い無菌室での日々やっと病室から出られた日。”何を描こうかな窓の外は台風”と言いながら大好きなママを描いてくれました。 そのママの頭に角がでも優しそうな角なんだかうれしいような恥ずかしいような

DIDA『あまみの太陽』
ポスカ
2005年

TiDa“あまみの太陽”奄美の方言で太陽をTiDa(ティダァ)といいます。 紘輝の曾曾祖父故郷の奄美、人間も自然もやさしくつつむ・・・

炎のRyu
ポスカ

僕の一番好きな絵です。”震え上がるような強い龍”

いかりのドラゴン
ポスカ

心の思うまま紘輝の中のドラゴン一筆で描きました。紘輝の守り神かなぁ・・

いのり
ポスカ
2006年

世界の平和と人々の幸せを祈った。そして自分の幸せも・・・

負ケテタマルカ!!
2005年

つらい治療にたちむかう紘輝のおもいが・・・生きたいと強く思う気持ちが・・・

post-card

作品の一部をポストカードにして販売しております。
是非お買い求めください。

このページのトップへ