Home > 過去の作品展

過去の作品展 Archive

【田中一村記念美術館】ここから 本田紘輝展 3日目

img_8168

img_8162

本田紘輝展「ここから」アンケートのご紹介です。

・紘輝君の龍は色あざやかに生きつづけているのですね。私たちよりもこれから。ありがとうございました。H・S

・わたしは,私の担任の先生がこうき君を担任したことがあって,てんらん会があるから行ってみてね。と言われてきました。こうきくんがかいた絵は, とても病気に負けたくないという気持ちがあると思います。こうき君は,絵に自分の気持ちを表現していたんだと思います。お父さん,お母さんと共に病気に負 けないで勝ちたいという気持ちが強かったんだと思います。わたしは,とてもこうき君の絵で,「負ケテタマルカ!!」の絵がとても力強い絵だと思いました。 本当に病気に負けたくなかったんだと思います。こうき君は,亡くなったけど,天国でまたさいしょのようなやさしい絵をた~くさん描いていると思います。こ うき君の分まで,今生きているわたし達みんなが勉強・運動・遊びをがんばってあげて,こうき君がよろこんでくれたらいいなと思います。天国でもがんばって たくさん絵をかいてほしいです。M・S

・なんか私と同い年なのに大人よりもっとスゴイことを知っていて,わかっていて「うわぁすごー」と思いました。でも,もしこの状況(病気)でなかっ たら作れなかったのかなー?と思うと,なんかひにくだなーて思いました。でも頑張っててやっぱりスゴイ人だなーて思いました。白銀のりゅうがグッときまし た。H・Y

【田中一村記念美術館】ここから 本田紘輝展 2日目

img_8159

img_8161

本田紘輝展「ここから」アンケートのご紹介です。

・力強さ,やさしさ,素直さがでてきている絵・字だと思います。本人も家族も大変だったと思います。このようなものに出会うことができ,私ももっと頑張らないと…という思いになります。もっとたくさんの人に見てもらってほしいと思います。Y・M

・絵がこまかくてうまかったです。こうきくんはかわいそうでした。きついびょうきにまけずにえをかきつづけたこうきくんに,すごくかんどうしました。こうきくん,ありがとう。H・Y

・病気と闘う力強さと病室からは出られなくても,絵の中ではとても自由に心を表現しているように感じました。温かいご家族や友達,いろんな人に見守 られ,応援してもらったと同時に,周りの人に勇気を与えてくれたのでしょうね。私も負けないで人生の困難をのり越えるぞ!J・H

・紘輝君ありがとう。力強い家族の絆をみせてもらいました。子どもたちも小さいけれど,絵を見て,何かを感じてくれたらと思います。私も子どもたちと真剣に向き合っていきます。

・こうきくんへ。僕は11歳です。僕も今まで色んな病気にかかりました。なので,こうきくんみたいに大変だったり,きつかったり,つらかったり,分かりあえることはたくさんあります。だから,のこりの人生を元気に生きたいです。T

・こうきくんは,ドラゴンがすきなんですか?絵をかくのが好きなんだね!天国へいっても,絵をかいて下さい。天国では,好きなことをたくさんしてく ださい。そして,天国から私たちをみまもってください。天国で絵をかきつづけてね。天国でドラゴンといっぱい遊んでね!ありがとう,こうきくん。すごい よ!H・Y

【田中一村記念美術館】ここから 本田紘輝展 初日

img_8164

img_8158

田中一村記念美術館にて『ここから』本田紘輝展がはじまりました。
夏休み期間中ということもあって,親子連れが多く見えます。

会場に寄せられたメッセージをいくつかご紹介します。

・貴重な作品,大変ありがとうございました。どの絵も紘輝さんの心のさけびが見える素晴らしいもので感動しました。私も2月に番組プロデュースの四 元さんの講演を聞く機会があり,自分の学校(教諭なので)でビデオを学校全体で見て,感動しました。今日,この作品展をとても楽しみにしていました。今度 の出校日には,子どもたちへまた話したいと思います。H・Y

・こうきくんの絵は,とてもこまかくて,とてもいい絵でした。病気ともたたかいながら,本当にとてもいいカラフルな絵。天国でも「たくさん絵をかきつづけているんだな」と思いました。M・K

・生きるとういう事の大切さ。つい弱気になってしまう自分の今の生活を振り返り,健康である大切さ。親としての生き方。紘輝君の絵のように力強く明 るく生きて行こうと,とても力をもらいました。ありがとう紘輝君。ありがとうお父さん,お母さん。お互い強く明るくやさしく生きて行きましょう!M・H

・紘輝君作品を見て,時分に出来る事を精一杯頑張っていこうと思うと同時に命の大切さをさらに大事に胸に刻みました。仲間の大切さも感じました。あ りがとうございました。これからもお父さんお母さん,体に気をつけて紘輝君の思い・願いをたくさんの人に伝えていって下さいね。私も伝えていきたいと思い ます。紘輝君と出会えさせてもらい本当にありがとうございました。いろんな事で悩んだりした時は,紘輝君のことを思い出し,のりきっていきたいと思いま す。M・H

・本田紘輝少年の作品は何時までも多くの人に生きる力と感動を与えてくれるでしょう。紘輝君ありがとう。感謝。M

・色・形・すべて純粋で見事素晴らしい作品でした。どうもありがとうございました。本田紘輝君の輝きを少しでも自分の作品に取り入れ頑張りたいと思います。

【川内まごころ文学館】本田紘輝展 最終日

20100801_01

20100801_02

20100801_03

20100801_04

本日は最終日。日曜日ということも重なって,たくさんの方にご来場いただきました。

昨日帰る前に「また来ます!」と言ってくれた女の子が,本日もちゃんと家族で来てくれていて,約束を守った記念に紘輝くんのお母さんと写真を撮って いました!記念にポストカードを買って帰るお客さんも多く,お母さんと一緒にどれを買おうか悩んでいる可愛い姿をたくさん見ることができました。

今日頂いたメッセージを紹介します。
「子供達は『したぎドロボー』の絵に大笑い。大人は涙を見せますが,子供の笑顔こそ紘輝君が本当に見せて欲しかったものではないかなと思いました。」

「子供たちの夢を守るためには,私たち大人が人生を生き生きと歩んでいくことが大切だと感じました。」

「私の娘も病気を持っていますが,紘輝君の勇気・そこぬけに明るい性格など,たくさん勉強になりました。病気だとふさぎこむのではなく,「負ケテタマルカ!!」という気持ちで乗り越えて行きたいと思います!」

11日間,あっという間に過ぎてしましました。
たくさんの方にご来場いただき本当にありがとうございました。

【川内まごころ文学館】本田紘輝展 10日目

20100731_01

20100731_02

本日も、たくさんのお客様が来場しました。
受付にいると「今日で2回目」「今日は、孫をつれてきました」
などという、リピーターさんの言葉をたくさん聞き、とても身近に感じました。
会場で一番人気は、「紘輝くんの引き出し」コーナーです。
何度も見に来るお子様、熱心に覗き込むお母様…。
みなさん、紘輝くんを近くに感じていただけたら幸いです。

本日のアンケートボックスに頂いた、メッセージのご紹介をします。

「三宅美術館で初めて絵を目にしてから、もう3年になります。
生命力がとても伝わってくる絵にいつも感動します。
TVで「がんばれない。ただたえるのみ」
といっていた言葉がとても印象に残っています。
体はなくなっても”タマシイ”は残っているのですね。
また改めて、絵をみて力をもらえました。」

「紘輝くん、とてもがんばりましたね。
みえない悪魔と戦って、とてもえらいですね
命のすばらしさ 大切な命を 精一杯
絵に表現しているのに感動しました。」

「同世代の息子を連れて、観に来ました。
短い時を精一杯かけ抜けて行った「こうき」君の
命へのメッセージに感動!
長い夏休みに、息子達の心に大きな物を残してくれたと信じています。
ありがとうございました。
元気な事あたり前のように感じている毎日
一日一日を大切に過ごさねばという思いが
強くなりました」

いよいよ明日が最終日です。
会場で待っています。

【川内まごころ文学館】本田紘輝展 9日目

20100730-_01

20100730_02

20100730_03

今日は午前中に雨が降ったり止んだりを繰り返していましたが,
午後からはすっかり良い天気となり,たくさんのお客様にご来場いただきました。

多目的映像ホールでは1日5回,紘輝君のドキュメンタリー映像も上映しております。

「上映を見た後に絵を鑑賞したら,また違う感動や感激が味わえた。」という声を多く頂戴しております。

皆さまもお越しいただいた際は映像の方も鑑賞してみませんか?

今日,アンケートボックスに頂いたメッセージの一部です。

「私は事故で半身マヒになり,車いすで生活でリハビリをしています。
時々,弱気になりますが紘輝君の「負ケテタマルカ!!」という言葉を思い出し,
励まされています。来れてよかった。ありがとう紘輝君。」

「今日はじっくりと紘輝君の絵と向き合い,命がけで力いっぱい描いた絵が
エネルギーをたくさんくれました。私もまだまだ頑張ろうと元気がでました。」

最終日まであと2日!!
皆さまのご来場をお待ちしております。

【川内まごころ文学館】本田紘輝展 8日目

20100729_01

20100729_02

今日は、昨日に引続き朝から激しい雨が降っていましたが、
午後からはお天気となりみなさんご来場、ありがとうございます。

一番人気は紘輝くんの引き出しコーナーです。
そんな中、パネルに興味津々の三人組を発見!

会場では、毎日いろいろな発見をしています。
残り3日となりました。

みなさんに、一人でも多くの方に見ていただきたく
最後までがんばります。

【川内まごころ文学館】本田紘輝展 7日目

今日の薩摩川内は一日中どんよりとしたお天気で,
時おり,激しい雨が降ってきました。
それにもかかわらず,多くの方にご来場いただきました。

20100728_03

会場内には,アンケートボックスが設置されていますが,
毎日たくさんの方々がメッセージを書いてくださいます。

20100728_01

20100728_02

「目の前の作品を見させていただいて,何とも言葉がありません。
少々のくだらぬことに気をとらわれずに頑張っていきたいと思います。」

「こうき君の絵は,心にガツン!!ときますね。
何度見てもそう思います。
元気が出ました。
幸せかどうかを決めるのは,自分の心ですね。」

「わたしも えが じょうずになりたいです。
きれいなえや たのしそうなえが わたしはだいすきです。
わたしも これからえをたくさんかきたいとおもいます。」

今後も,ご紹介してまいります。

【川内まごころ文学館】本田紘輝展 6日目

20100727_011

20100727_02

会場内にはメッセージボックスが設置されています。
毎日来場者の方がメッセージを書いてくださいます。
なかには,絵を描いて入れてくださる方も。
その中から,時間をかけて一生懸命に書いてくれた二人の写真です。(写真下)
かつきくんは「龍」を、りこちゃんはたくさんの「おばけ」を描いてくれました。

【川内まごころ文学館】本田紘輝展 5日目

20100725_001

20100725_002

20100725_003

今日は夏休み最初の日曜日とあって、一番お客様が入りました。
そしてスペシャルゲストが!
作品の「りィィんたァァァァろぉぉぉお」モデルでもある
凛太郎君もご家族で登場!(一番下の写真)
またNHK鹿児島放送局の取材も入り、
何かと盛り上がった一日でした。

ホーム > 過去の作品展

このページのトップへ