Home > 過去の作品展 > 【田中一村記念美術館】ここから 本田紘輝展 最終日

【田中一村記念美術館】ここから 本田紘輝展 最終日

20100830

22日間,ありがとうございました。
皆様のおかげで,無事に展覧会を終えることが出来ました。
奄美のみならず観光で訪れた方など,多くの方に紘輝君を紹介できました。
総来館者数は,3311人となりました。
本当にありがとうございました。

・我が家にも,病気と闘う4歳の娘がいます。気管切開をして呼吸器を試用しています。今日,紘輝くんの力強い絵を見せてもらってパワーをもらいまし た。病気で苦しむ娘を見るのは,とても辛いけど娘が生きていることに感謝します。今日,紘輝くんに会えた気がします。紘輝くんありがとう。R・K

・今日は,美術部のみんなと本田紘輝君の作品を見に来ました。私と違う色使いや絵を見て,とても感動したし,すごいな,と感じました。紘輝くんの誕 生日を見て気付いたのですが,私と同い年だと分かり,びっくりするやら,うれしいやら,1人で舞い上がってしまいました。同い年だったら会うことができた かもしれない・・ちょっと残念です。展覧会を観て,奄美の絵があったことがうれしかったです。自然がいっぱいで住んでいる人も
優しさあふれててとても心地良い島なんですよ?ステキに描いてくれてありがとう。強くて元気がもらえた紘輝くんの絵を,もっと色んな人が見て,感じて元気をわけてあげたいです。ありがとうございました。A・U

・けっして病気をしているから何も出来ないということではないと改めて実感しました。もしかしたら,健康な人間より,病気と闘っている人たちの方 が,とっても強くて,大人なのかもっと思いました。今回は貴重な写真などまで展示していただいてありがとうございます。紘輝さんのように私も力強く生きて いこうと思います。T・H

・こんにちは。数年前にTVで紘輝君を知りました。絵を描きながら,苦しい難病と戦う姿に正直痛く,苦しく,切なく,悲しい思いで涙が止まりません でした。でも,描いた作品からは,勇気と元気とユーモアがあふれていました。カラフルな色使いや可愛らしく明るいキャラクター達。自然と見ながら笑ってい ました。特に「トンコ見~つけた」は好き。真ん中がトンコじゃないかと。1番好きです。日々当たり前に生きてきましたが,少し心が成長できた気がします。 紘輝君が描く正直な絵の世界から,うまく表現,伝えることが出来ませんが「紘輝君,強く明るく楽しく生きるよ。」「命を大切にするよ」「周りにいる支えて くれる人たちに感謝し,大事にするよ」「やさしく,強い心の人になるよ」「紘輝君ありがとう」気持ちを伝えたくてペンをとりました。M・N

・本田紘輝展では多くの感動をもらいました。小学生とは思えないすばらしい作品の数々。これほど心の響いてくる絵を見たことがありません。紘輝君の 絵には様々な思いが…そして,紘輝君の魂がこもっているのだと思いました。だからこんなにも見る人の心を打つのでしょう。ドキュメンタリー映像も拝見し, ご家族の愛情深さ,絆の強さに胸が熱くなり涙もたくさん流しました。筆をもてなくなる限界まで,力の限り描き続け,行き続けた紘輝君。「すごいよ!!紘輝 君,よく頑張ったね」と心の中で声を掛けました。こんな聡明で心優しい息子さんに育てたご両親も素晴らしいと,小学生の娘を持つ親として尊敬いたします。 紘輝君の絵に出会えて本当に良かったです。人生,苦しく辛いことがあっても紘輝君を思い出し「負ケテタマルカ」という気持ちで頑張ります。ありがとうござ いました。M・S

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://honda-kouki.com/blog/wp-trackback.php?p=20
Listed below are links to weblogs that reference
【田中一村記念美術館】ここから 本田紘輝展 最終日 from 本田紘輝オフィシャルブログ

Home > 過去の作品展 > 【田中一村記念美術館】ここから 本田紘輝展 最終日

ブログ内検索
フィード
管理
このページのトップへ