Home > 過去の作品展 > 【田中一村記念美術館】ここから 本田紘輝展 12・13日・14日目

【田中一村記念美術館】ここから 本田紘輝展 12・13日・14日目

早いもので展覧会終了まで一週間をきりました。
展覧会見た方がご友人を連れてくるケースも増えてきました。
8月19・20・21日のアンケートのご紹介です。

・道徳の時間に紘輝君のDVDを見ました。僕が紘輝君の絵の中で1番好きなのは「青い鳥」です。K・H

・龍に乗って天国へ旅立った紘輝くん。今はどんな世界を見ているのでしょう。大大好きなお母さんのことは,ずーっと見守っているのでしょうね。私に も紘輝君と同じ年の息子がいます。紘輝君とお母さんのあまりのつながりの深さに,うらやましいなぁと感じました。お二人は,きっと前は恋人同士で,そして 生まれ変わっても恋人同士になるのでしょう!と感じてしまいました。紘輝君の残してくれた絵。絶望の中にも光を見つけられる力を与えてくれます。これから も沢山の沢山の人たちに・・・。M・N

非常に鮮やかな色彩・感覚と表現力に驚きました。絵を通して,多くのものをいただけたように思います。“ゆめを守る仕事がしたい”という言葉,何とも言えませんでした。M・K

・主人と子どもが病気です。心が折れそうになる時があります。今日は勇気と元気をいっぱいもらうことができました。紘輝君とご家族の方へ,ありがとうございました。これからも人生に幸せがいっぱい訪れますように。本当にありがとうございました。M・M

・私は今,高校1年生です。私の兄と父は病気をしています。兄は中学の頃,側湾症という病気で背中が曲がっています。今年に手術をしますが,兄は2 回目の手術なので本当はとても怖がっていると思います。でも,怖いからといってみんなの前で涙を流したことはありません。父は腎臓の病気で,今年手術の予 定でしたが,移植はドナーの相手とできず手術が出来ませんでした。しかし,いつも笑顔です。兄の手術はとても難しく,一歩間違えれば歩けなくなります。父 も一緒で,朝がくるのが当たり前ではありません。2人とも一生懸命生きているのを見て,いつも感動させられます。たまたま奄美パークによって,この展示会 を見させていただきましたが,生きていることって当たり前じゃないんだなぁと思うことや,病気の人が頑張っているのに健康な私達が頑張らないのはとても失 礼だなぁと思いました。今回の展示会で生きることの大切さ,そして家族と入れる大切さをしることができました。本当にありがとうございました。A・M

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://honda-kouki.com/blog/wp-trackback.php?p=24
Listed below are links to weblogs that reference
【田中一村記念美術館】ここから 本田紘輝展 12・13日・14日目 from 本田紘輝オフィシャルブログ

Home > 過去の作品展 > 【田中一村記念美術館】ここから 本田紘輝展 12・13日・14日目

ブログ内検索
フィード
管理
このページのトップへ